Lazy Bear

Categories

Archive

Site search

Feeds

Meta

Archive for 'Advanced/W-ZERO3[es]'

フォルダ同期MortScriptの更新

以前作成したフォルダ同期のMortScriptですが。
時折奇妙な挙動を見せ続け、遂におとといは無線LANを無灯火で有効にし続けていたらしく、知らないうちにバッテリを食い潰してました。
何故こういう事になるのだろう、やはり無線LANの判定がおかしいんだろうか。そんな事を考えながら調べてみたところ、どうもMortScriptで無線LANの状態判定はレジストリの値を読み込んで判断するのが常套手段だったらしい。今までは無線LANを接続して、サーバー側のパスが読み込めるようになるまでループするような力技を使ってたので、これはまっこと恥ずかしいのう、恥ずかしいのう。
そんな訳で修正版。レジストリの値を読んで無線LANの状態を判断します。ただし、本体のバージョンが1.02aの場合でしかテストしていません。
フォルダ同期MortScript ver2
※使用は自己責任で!
それと、フォルダ同期と銘打っておきながらいつまでも一方通行というのもアレなので、このバージョンからは相互でファイルやフォルダを比較し互いに最新のものを適用するようにしています。
ただし比較順は、(Server ⇒ Device) > (Device ⇒ Server)の順。

フォルダ同期MortScript

自分で使用するためのMortScriptを作成してみました。
夜、寝る前に旧W-ZERO3[es]で小説を書くんですが、それをアドエスに移すのにいちいちメディアを利用するのが面倒なので、常時稼動させているファイルサーバーを利用し保存したテキストを転送する事にしました。とはいっても、テキストに限らず全ての形式のファイルが転送出来る仕様になってます。サブフォルダも全て洗い出して反映させます。
指定された(共有)フォルダ内の最新情報をアドエス側に反映するスクリプトです。アドエス側の情報は反映されないので注意。
何かしらタスクスケジューラアプリに登録しての起動を想定してますが、単体でも使えます。
無線LANを起動させ更新、終了後は切断しサスペンドします。
wifictrlが必須です。
・sync.mscr
 スクリプト本体です。これを実行します。
・logon.mscr
 ネットワークフォルダに接続する際、認証画面にユーザー名等をキーストロークするスクリプト。環境に合わせてユーザー名等を設定しておく事。
フォルダ同期MortScript
※使用は自己責任で!

アドエスでリモートデスクトップ

リモート操作系のアプリは有料無料問わず沢山ある訳ですが。
アドエスではWM6の標準アプリとしてリモートデスクトップモバイルがインストールされています。これはMSのリモートデスクトップのクライアントアプリですが、あいにくと僕のPCのOSはXPのHome。リモートデスクトップのサーバーアプリはProにしか入ってません。そういった背景から別な方法でのリモートデスクトップが必要になります。
使用するのは「LogMeIn」というサービスです。ユーザー登録が必要ですが無料で利用出来ます。
ルーターのポート設定が不要かつグローバルIPも調べる必要が無いため、出先でふと思い立っても接続出来る利便性があります。その上、W-OAMでMAX204kbpsという通信速度でも意外ともたつきません。無線LANであれば尚良いでしょう。

充電スタンド購入

ヨドバシに寄ってみたらアドエス用の充電スタンド見つけたので購入してみました。
最初、ウィルコムストアで発表された充電スタンドはスピーカー搭載という意味の分からない仕様だったので愕然としてたんですが、いつの間にか極普通のものも発売していた模様。これで充電するたびにキャップを外さなくて済みます。
ひとまず周辺機器は一段落ついたかな、というところ。いずれはBluetoothも試してみたいけれど、今のところ使う予定が無いからなあ。

着ッカバーAD for W-ZERO3

牛沼堂のを購入し、本日到着しました。
これまでは「まもるくん」を使っていたのだけれど、イマイチ使い勝手が悪くしっくりきてませんでした。しかし、着ッカバーは基本液晶をカバーするだけなので結構いい感じ。明日からはこれを使ってみる予定です。
装着図

USB赤外線通信アダプタ

昨日届いた、以前にヤフオクで購入した赤外線アダプタを試す事に。
ちなみにメーカーは分からないです。ドライバ情報にはKingsunとありました。
本体をUSBに差し込み、ドライバを選択してインストール。これでセットアップは終了です。
使い方はマニュアルが無かったので色々試してみましたが、以下の流れのようです。
 1.GSFinderを起動する。 
   ※これは僕の環境の場合なのでこのアプリが必須という訳ではありません
     起動していなくても受信は可能です
 2.アドエスの赤外線ポートをアダプタにかざし、しばらく待つ。
   デスクトップ上にリンクが出現するので、それまで待つこと。
 ●アドエス > PC の場合
  GSFinderより、送りたいファイルを選択し、「送る」>「赤外線の受信先」
  PC上に受信確認のダイアログが出るので選択
 ●PC > アドエス の場合
  デスクトップ上に出現したショートカットへ送りたいファイルをドラッグ
  アドエス上に受信確認のダイアログが出るので選択
  保存確認のダイアログが出るので選択
<補足>
 僕の携帯である「SH903i」でも赤外線の送受信は確認出来ました。
 ただし送信する場合に限り、サブメニューからの「赤外線通信」を選択しないと送信が出来ませんでした。

アドエス用まもる君

昨日不在で受け取れなかったまもる君を今日受け取りました。
しかし、思っていたよりも出来が悪い。薄いのは良いけれどUSBポートにスリムホストアダプタがささらなくなるのはかなりのマイナス。それと、カバーがハンパに硬いのもどうも今ひとつ。長距離移動時のみの装着にしようかなあ……。

アドエス用Tips

●コマンドプロンプトを導入する
 1.「WindowsMobilePowerToys.msi(1.2MB)」をダウンロードする。
  配布しているサイトはこちら  
 2.PCへインストール
 3.必要なファイルを取り出す
  インストールしたPCより、以下の階層から必要なファイルを取り出す。
   階層:
   C:\Program Files\Windows Mobile Developer Power Toys\PPC_Command_Shell\arm
   ファイル:
   cmd.exe
   console.dll
   shell.exe
 4.取り出したファイルをアドエスへコピーする。
   コピー先:\Windows\ ※直下へ
 5.レジストリを編集する
   レジストリエディタで以下のキーを編集する。
   [HKEY_LOCAL_MACHINE\Drivers\Console]
   ”OutputTo”=dword:0
 6.実行する
   \Windows\cmd.exeを実行

アドエス用Tips

●ClearTypeフォントの有効
 レジストリエディタで以下のキーを編集する。
[HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Shell]
“NoClearType”=dword:00000000
●Operaのブックマークを手軽に編集する
 ブックマークファイルは以下の場所。
階層: \ApplicationData\Opera\
ファイル名: opera6.adr

 Operaのブックマークファイルに対応したフリーソフトがあるので、それを使用する。
 ※僕は「BookSync」というソフトを使いました。
●WVGA対応のテーマファイル作成(暫定)
 「幻律」というフリーソフトがあるので、それを使用する。
 画像サイズは800×800。けれど、幻律である程度補正は出来るので画像の内容にもよります。
 ※注意
    Landscapeは未対応なのか正常に背景画像が表示されなくなるので使用しないで作成すること
 完成したtskファイルは\windows\直下に転送。その後ToDayで選択すれば良い。

Advanced/W-ZERO3[es]所感

今日の仕事帰り、ヨドバシでAdvanced/W-ZERO3[es]を購入してきました。
とりあえず触ってみた感想をチラホラ。
本体はesよりも一回り小さく軽くなった印象。画面はやはり綺麗ですが、若干縦に伸びたぐらいで幅はやや狭まったので大きくなったかどうかは微妙。ただ、解像度は良くなってます。
スタイラスが内蔵型ではないのは意外と不便。これはストラップが解決の手がかりか。
WindowsMobile6の使い心地ですが、とりあえずあまり5との差は感じず。オンラインサインアップはesより時間がかからなくなっていました。動作もCPUが強化されたせいか割と軽快。Operaが特に顕著です。
メールはOutLookを使ってみました。プロバイダとドメインのメールは割とあっさり設定出来ました。外出先で使う用と思えば良い感じです。
最後に、動作が確認出来たアプリを並べてみます。
・psshutxp   スリープやリセットをXP風に実行する
・taskman   動作中タスクの管理
・blaunch   ToDayメニューで使うランチャ
・GSFinder+ 定番ファイラー
・EasyDial   ダイアルアップのON/OFF
後はボタンのカスタマイズ周りとテキストエディタを突き詰めていこうと思います。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 Next