Lazy Bear

Categories

Archive

Site search

Feeds

Meta

Archive for '2019'

ブライトバーン/恐怖の拡散者

長年子供に恵まれず悩んでいたブレイヤー夫妻の元に、ある晩謎の物体が墜落、そこには一人の赤ん坊が乗っていた。二人はこの赤ん坊にブランドンと名付け、我が子として育てる。
ブランドンは怪我一つせず順調に成長していったが、十二歳の誕生日を迎えた頃、突然と奇妙な言動を取り始める。ブランドンは鶏を殺し、同級生の手を砕くまでになった。明らかに異常だと恐れる夫カイルだったが、妻トーリはあくまでブランドンの人間性を信じ続ける。

ターミネーター:ニュー・フェイト

審判の日を逃れた人類は、平穏な生活を送っていた。しかしある日、自動車工場で働いているダニーは突如見知らぬ男に襲撃を受ける。男の正体は、スカイネットが消滅したはずの未来から送り込まれたターミネーターだった。

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。

ペニーワイズとの戦いから27年後。ルーザーズ達はデリーを離れそれぞれの人生を送っていた。ただ一人残ったマイクは注意深く町を監視していたが、ある日ペニーワイズ復活の兆しを見付ける。
マイクはルーザーズ達に連絡を取り、かつての誓い通り今度こそペニーワイズ打倒を果たそうとする。

サラブレッド

社会に馴染めないアマンダは、幼馴染のリリーと再会する。リリーが裕福だが抑圧的な義父を憎んでいると指摘する。それがきっかけで二人は何故か妙な親近感を覚える。ある日リリーはパーティ会場を騒がせたドラッグの売人であるティムと知り合う。このティムは利用できると判断した二人は、ティムに金を渡し義父を殺害させる計画を思いつく。

ジョン・ウィック:パラベラム

殺し屋の仕事をしてはならないコンチネンタル内で殺人を犯したジョンは、組織から追放処分となり1400万ドルもの賞金がかけられる。ありとあらゆる場所から暗殺者に狙われるジョンは次第に疲弊し、ある組織を頼ることにする。

やっぱり契約破棄していいですか!?

暗殺ノルマをこなせない老いた暗殺者のレスリーと、夢だった小説家の道が開けず自殺未遂を繰り返すウィリアム。偶然知り合った二人は、確実に死にたいウィリアムとノルマが欲しいレスリーで利害が一致、ウィリアムはレスリーの勧誘に乗って自身を暗殺する契約書にサインをする。
しかし、ウィリアムの元に突然と出版の話が舞い込んで来る。魅力的な女性編集者エリーがウィリアムに共感し、そのことでウィリアムは彼女に夢中になる。自殺をしたくなくなったウィリアムは、早速暗殺の依頼をキャンセルしようとする。しかし強制引退のかかったレスリーがそれをよしとはしなかった。

ジョーカー

頭に負った怪我で突然笑い出す障害を抱えたアーサーは、コメディアンを目指しながらピエロの仕事で母二人貧しい生活を送っていた。
何とか普通の人を装って生活するアーサーだけれど、彼を取り巻く環境は厳しく、彼を一層孤独と怒りに追い込んでいった。
ある日、彼はふとした拍子から取り返しのつかない事件を起こしてしまう。そこから自分の予想外の変化を自覚したアーサーは、少しずつ善良な仮面を崩していった。

アド・アストラ

深宇宙を探索し知的生命体との遭遇を目的とするリマ計画、その最中に命を落とした父親を持つロイ。彼はある日軍に呼び出され、機密情報を見せられる。それは、定期的に地球を遅い多大な被害を被らせるサージと呼ばれる現象は海王星から起こり、そこには死んだはずのロイの父親が生存しているかも知れないというものだった。
ロイは父親の説得を行う極秘任務に着き、まずはメッセージを送るため火星の基地へと向かう事になる。

アス

アデレードは夫と子供2人と共にサンタクルーズへ向かう。しかしアデレードにはその地には幼い頃のトラウマがあった。
その晩、4人で過ごしていると突如赤い服を来た謎の4人組が訪問してくる。彼らはアデレード一家にそっくりで、なおかついきなり攻撃をしてきた。

サマー・オブ・84

1984年の夏、田舎の町に家族3人で住むデイビーは、今ニュースで取り上げられている連続殺人事件の犯人が隣人の警察官マッキーではないかと疑い始める。デイビーは自分達だけで解決しようと、いつも遊んでいる友人3人を誘い、マッキーの生活を監視し始める。当初は半信半疑だった3人も、マッキーの行動には明らかに不自然な所があると確信していく。しかし決定的な証拠が出て来ない状況を歯がゆく思った4人の少年達は、より大胆な捜査の手段を取り始める。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 Next