Lazy Bear

Categories

Archive

Site search

Feeds

Meta

Archive for '2019'

レプリカズ

ウィリアムは人間の意識をアンドロイドへ定着させる研究を行っていたが、最後の定着の段階で難航していた。
ある日ウィリアムは、不幸な事故により最愛の家族を全て失ってしまう。あまりの出来事に悲嘆に暮れるウィリアムだったが、そこで彼は倫理的に行ってはいけない技術を用いて家族の復活を試みる。それは抽出した人間の意識を、クローン人間に定着させるというものだった。

ザ・フォーリナー 復讐者

クァンは過激派による爆破テロにより最愛の娘を失ってしまう。
クァンはテロの首謀者の手がかりを見つけ迫るものの、まるで相手にされなかった。
やがてクァンは異様な復讐に燃え、黒幕の関係者を襲い始める。

アベンジャーズ エンドゲーム

5つのインフィニティストーンを手に入れたサノスは、悲願だった宇宙の調和を人口を半分にすることで成し遂げる。大切な者達を失い悲嘆に暮れるアベンジャーズは、半ば崩壊しかけていた。
五年後、突然姿を表したのは量子世界に閉じこめられていたはずのスコット、アントマンだった。彼は自分なりの量子世界の解釈によりこの状況を打開する策を提案する。それには専門知識を有する人間の解決が不可欠だったが、自分の人生を歩み始めようやく立ち直ろうとしていたトニー・スタークは非協力的だった。

マイ・ブックショップ

戦争で夫を失ったフローレンスは、夫婦の長年の夢だった本屋を寒村で開く。しかし女性が開業することと馴染みのない本屋であることに、フローレンスに対して快く思わない人々もいた。そんな彼女の最初の顧客は、読書にしか生きがいのない一人の老紳士だった。本屋も徐々に軌道に乗り始めたかのように見えたが、地元有力者の妨害がいよいよ本格化する。

ブラック・クランズマン

コロラド州警察の新人警察官であるロン。彼は黒人でありながら、白人至上主義の危険な組織KKKへの潜入捜査を試みる。当然だが黒人である彼は組織に加入する訳にはいかない。そのため同僚の刑事を代役に立てて捜査を行うことにする。

ギルティ

緊急通報のオペレーターを務めるアスガーは、ある日誘拐された女性の通報を受け取る。イーベンと名乗った彼女は、別れた夫に連れ去られていた。そして夫には暴行での服役歴があり、一刻を争う切迫した事態だった。
アスガーは何としてもイーベンを無事に帰すため、自分の職分を超えた行動にすら出て事件の解決を図る。しかしただのオペレーターではどうにも状況は良くならず、アスガーは焦りを募らせるばかりだった。

キャプテン・マーベル

クリー人はDNAレベルで成りすましが可能なスクラル人との抗争の真っ只中にいた。バースは作戦の最中にスクラル人の罠にかかり捕らえられてしまう。何とか脱出するバースだったが、救助艇から投げ出され地球の墜落する。バースが墜落したのはロサンゼルスのレンタルビデオショップだった。

スパイダーマン:スパイダーバース

ブルックリンの名門校に通うマイルスは、勉強漬けの学校に馴染めずにいた。ある日異様な蜘蛛に噛まれ身体に異常を来したマイルスは、スパイダーマンがキングピンとの戦いで命を落とす光景を目にする。最後に託されたキーと約束を果たすため、マイルスはキングピンと戦うことを決意する。そんな彼の前に突如現れたのは、髪の色と年齢が異なるものの紛れもないピーター・パーカーだった。

運び屋

朝鮮戦争に従軍した退役軍人のアールは、デイリリーを育てる仕事ばかりで家族のことを全く顧みない人生を送ってきた。そのため一人娘とは決定的に仲違いをし、妻とは離婚、唯一味方をしてくれたのは孫娘だけだった。
アールは借金の方に農場を失い途方に暮れていたが、ニコという青年から割の良い仕事の紹介を受ける。年老いた自分でも簡単に出来るからと受けたが、その仕事とは麻薬組織の麻薬を運ぶというものだった。

グリーンブック

ナイトクラブの用心棒を務めるトニーは、腕っぷしが自慢だが素行が非常に荒かった。トニーはクラブが改装のため別な仕事を探さなければならなくなる。そこで就いたのは、教養はあるが非常に神経質なピアニストのシャーリーの運転手だった。
黒人であるシャーリーは、未だ黒人差別の根深い南部でのツアーを行うのだが、当然のように問題は頻発する上に、トニーとも衝突を繰り返す。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 Next