Lazy Bear

Categories

Archive

Site search

Feeds

Meta

Archive for '2024'

メイ・ディセンバー ゆれる真実

36歳のグレイシーと13歳のジョーがアルバイト先で関係を持ち、実刑判決となったグレイシーの出所後に二人は結婚し家庭を築く。このセンセーショナルな事件も落ち着いて世間からも忘れ去られた頃、事件を題材にした映画が企画され主演女優のエリザベスは役作りのため密着取材を申し込む。グレイシーとジョー、更には二人の交友関係にまで事件の話を聞き込み役作りをしていくエリザベスだったが、二人の関係が明らかになっていくに連れて彼女も少しずつ飲み込まれていく。

ザ・ウォッチャーズ

ミナはオウムのダーウィンと戻る事の出来ない森の中へ迷い込み、車が故障して遭難してしまう。
森の中を彷徨っていると得体の知れない何かの存在に気づき戦慄するミナ。しかしその時現れた一人の老女の案内で、森の中に建っている不思議な小屋へ逃げ込む。そこには二人の男女がいて、随分長くそこに留まる事を余儀なくされていた。この状況に困惑するミナだったが、更にこの小屋では生き延びるための奇妙なルールがあった。それは、ウォッチャーと呼ばれる怪物から身を守るためのものである。

ドライブアウェイ・ドールズ

ジェイミーとマリアンはタラハシーへ旅行に行くに際し、車を借りた車屋からこれを指定された場所へ届けろを言われる。奔放なジェイミーと生真面目なマリアンは親友同士ではあるものの、衝突を繰り返す旅程だった。そんな二人の車を、明らかに不審な三人の男達が追跡していく。

帰ってきた あぶない刑事

警察を退職しニュージーランドで探偵業を営むも、警察と揉めて国外退去を余儀なくされたタカとユージは八年ぶりに横浜へ帰って来る。そこで再び探偵事務所を開くのだが、そこでタカは一人の女性に過去のとある女性の面影を見る。それから程なく、事務所に一人の若い女性が母親探しの依頼を持ってくる。

ゴジラxコング 新たなる帝国

かつての戦いで負傷したコングは、王座を失いひっそりと暮らしていた。しかし突如不調を覚えたコングは地上の人間を頼る事にする。
一方地上世界の王者であるゴジラは、如何なるものも意に介さず気ままに暮らしていた。だが本能的に何か異変を悟っているのか、その正体を求めて徘徊を続ける。

オッペンハイマー

大学で量子物理学を教えるオッペンハイマーは多くの人望を集める人物だった。
ある日、ドイツでウラン235の核分裂が発見される。今までの常識では有り得ない出来事だったが、これにより核分裂を軍事転用した研究が加速するのではないかと懸念する。
やがてオッペンハイマーはグローヴス准将の立ち上げたマンハッタン計画の責任者に任命され、本格的な核兵器の開発に着手する事になる。だが当時は赤狩り全盛期の時代で、オッペンハイマーの弟や交際相手には共産党との関わりがあり、彼自身もそういった疑いの目で見られていた。

ゴーストバスターズ/フローズン・サマー

心霊系のインフルエンサーをしていたレイは、ある日真鍮製の奇妙な球体を手にする。しかしその球体はこれまでに類を見ないほどの危険な反応を示していた。
フィービーは家族との折り合いが悪く、ゴーストバスターズとして仕事をするにあたっての年齢の違法性や彼らを敵視する市長の存在、そして何より捕獲に失敗した事での大きな損害から、落胆と苦悩する日々を過ごしていた。
そんな時、不安定な状態にあるフィービーは真鍮の球体に封印されていた存在に利用され封印を解いてしまう。

落下の解剖学

作家のサンドラは、情緒不安定な夫と視覚障害を持つ息子と3人で山奥のロッジで暮らしていた。ある日、飼い犬との散歩から帰ってきた息子ダニエルは、父親が外で倒れている事に気づく。すぐさまサンドラは救急車を呼んだが彼は帰らぬ人となってしまった。
この不審死について警察の捜査が進むと、サンドラが殺害の容疑者となって起訴されてしまう。理由は前日の夫婦喧嘩、それを録音したテープの存在だった。そしてダニエルはこの裁判の証人として召喚されることとなる。

コヴェナント/約束の救出

9.11の後、アフガニスタンへ侵攻したアメリカ軍はタリバンに対して徹底した反撃作戦を行っていた。キンリー曹長はタリバンの爆弾工場の捜索を行っていたが、手がかりが少ない上に非常に危険で思うような成果が出せないでいた。
ある日、死亡した通訳の後釜としてアーメッドというアフガン人を採用する。彼は四ヶ国語を話す非常に優秀な人物ではあったが、性格に問題があって揉め事を起こしがちという評判だった。
アーメッドは丁寧な言動ではあるものの、しばしばキンリーの意向を無視し勝手な行動を取った。それでも優秀であるため、結果的にキンリーは手柄を得られてしまった。そんな中、キンリーの部隊はタリバンの工場の一つを見つける。すぐさま制圧し破壊を試みるも、たちまちやってきた大量のタリバン部隊を相手にキンリーの部隊は壊滅。キンリーとアーメッドの二人だけがどうにか生き延びる。
帰国したキンリーだったが、アーメッドはタリバンの手配リストに乗り消息不明となっている事を知り絶句する。

ボーはおそれている

極度の不安症のボーは、カウンセラーに言われた通り水と薬を欠かさず、周囲の些細な事にも怯えながら暮らしていた。
ある日、父親の命日に合わせて帰省するはずのボーは寝過ごしてしまう。そしてパニックを起こしたボーは、今度は母が怪死したことを知らされる。
だがその死を悲しむ間もなく、ボーの身には次々と不可解な出来事が起こる。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 Next