Lazy Bear

Categories

Archive

Site search

Feeds

Meta

Archive for '映画'

クライ・マッチョ

かつてのロデオスターだったマイクも、今は落ちぶれ孤独に細々とした生活を送っていた。
そんなある日、かつての上司から自身の息子について頼み事をされる。彼の元妻はメキシコへ息子を連れていったのだが、元妻は息子の養育を放棄し酷い生活をさせているという。そこで息子を、誘拐という形になっても構わないから、是非とも取り返してきて欲しいというものだった。
明らかな犯罪行為にマイクも気乗りはしなかったが、彼には大きな恩があるため引き受けるしかなかった。

スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム

ミステリオの策略で正体を世間に暴露されたピーターだったが、殺人容疑は証拠不十分で不起訴、世論も支持と批判と半々に割れる。しかし彼の周囲は常に騒動に巻き込まれ平穏な生活ばかりかMJとネッドの進路までもが閉ざされてしまう。この状況を何とかしたいとピーターは、かつて共に戦った仲でもあるスティーブンの元を訪れる。

2021年まとめ

2021年は引き続きのコロナ禍で映画を観に行く回数がまた減っていました。落ち着いてきたからと観に行ったところでクソ映画にぶつかるのはなかなか心に来るものがあります。

劇場版 呪術廻戦0

乙骨憂太は幼馴染であり交通事故で死亡した祈本里香の呪霊に呪われていた。その呪いは憂太に近づく者や害をなす者に対して攻撃し、憂太にも抑えの利かない危険な存在だった。誰も傷つけたくないと孤独に塞ぎ込む憂太の前に現れたのは、目隠しをした長身の男。飄々とした態度の彼は憂太に、呪いの使い方を学ぶよう呪術高専への入学を勧める。

マトリックス レザレクションズ

トーマス・アンダーソンは、自らがデザインした大人気ゲーム「マトリックス」に不審な侵入者を見つけるが、その正体を突き止める事が出来なかった。
そんなある日、突然会社のといれから謎の男が現れ赤いカプセルと青いカプセルどちらかを飲む事を迫られる。そしてそれは彼自身が考えたゲームの設定だった。元々精神的に不安定でセラピーに通っているアンダーソンは、再び自分が現実と想像が区別が付かなくなったのではないかと戦慄する。

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ

エディはヴェノムの協力の元、収監中のシリアルキラーであるキャシディから聞き出した情報を元に被害者の遺体を発見、それによりキャシディを死刑へと追い込む。だがキャシディはエディとは取引で情報を提供しており、これを重大な裏切りだと激怒する。
その後、執行直前にキャシディはエディに面会を求める。そこで二人は激情に駆られ揉めるのだが。

アイス・ロード

イラク戦争に従軍した経験のあるマイクとガーティの兄弟。二人は大型トラックの運転技術と整備士としての高い技術を持つ一方で、短気なマイクとPTSDを患うガーティのことで良く問題を起こし職を転々としていた。
ある日、鉱山会社が所有する鉱山で事故が発生し作業員が生き埋めとなってしまう。酸素にも限界があるためいち早く救出しなければならないが、そのためには必要な機材があり、最短距離で運ばなければならない。しかしそのルートは、いつ割れるか分からない湖の氷の上を大型トラックで走るという非常に危険なものだった。マイクとガーティはこの危険な仕事に応募、果敢に救出作戦に挑むのだが、この作戦そのものについて明らかな妨害を受ける事になる。

アンテベラム

綿花の農園で厳しい奴隷労働をさせられていたエデンは、目の前で妻を殺された奴隷仲間と共に農園からの逃亡を計画する。
舞台が代わり、人気作家のヴェロニカは仕事でルイジアナで講演会を開く。その帰り、早く家族の元へ戻りたかったヴェロニカは友人達とは別のタクシーへ乗る。しかしその車内でヴェロニカは襲撃されそのまま誘拐されてしまう。

燃えよ剣

京都に潜伏する勤王派の不逞浪士を一掃すべく、幕府は守護役に会津藩を任命する。しかし旧来の手法では効果が薄く、また急進的な手段には様々なしがらみがあった。そこで結成された壬生浪士組は、俄かに成果を上げ会津藩の信頼を得る。だが薩長の勢いは止まらず、壬生浪士組も派閥を無くすため粛正を繰り返し新選組へ改めるものの、幕末の情勢は混迷を増し否応無く巻き込まれていく。

クーリエ:最高機密の運び屋

セールスマンのグレヴィルはCIAとMI6の依頼により、モスクワの内通者である将校オレグ・ペンコフスキーから機密文書を受け取って運ぶ事になる。そもそもスパイ容疑で逮捕される危険性もあり気乗りはしていないグレヴィルではあったが、キューバ危機に対する備えがそもそも不足しており愛する家族の危機にも繋がること、そしてペンコフスキーの人柄に惹かれたこともあって、自らの意思で運び屋を続ける事になる。しかし危険と隣り合わせの任務はグレヴィルに強い重圧としてのしかかり、徐々に家族との間にも不和を生じさせてしまう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 Next