Lazy Bear

Categories

Archive

Site search

Feeds

Meta

Archive for '映画'

ランボー ラスト・ブラッド

故郷アリゾナでボランティア活動などをしながら、友人のマリアとその孫娘のガブリエラと家族のように平穏な暮らしを送っていたランボー。かつてランボーと袂を分かった父親へ会いに行ったガブリエラは、人身売買組織に誘拐される。自分にとって娘も同然のガブリエラを探すべく、ランボーは単身で組織への接触を試みる。

ソニック・ザ・ムービー

生まれつき驚異的な速度で走ることが出来るソニックは、育ての親のフクロウととある島で暮らしていた。しかしソニックの力に目をつけた何者かに追われ地球へと逃げ出す。
それから数年、一人孤独に暮らしていたソニックだったが、町で起こした事故をきっかけにその存在がアメリカに知られる事になる。政府は事件の捜査を天才科学者のドクター・ロボトニックに依頼する。

エジソンズ・ゲーム

白熱電球の普及を成功させたエジソンは、直流電流を用いた送電システムの実用化に乗り出す。しかし同じく送電システムの実用化を交流電流で進めているジョージ・ウェスティングハウスに対し、強い対抗心を燃やす。ジョージはエジソンの元を去った技術者ニコラ・テスラの特許を買収、そしてエジソンは直流の有能さと交流の危険性を流布し世論形成を試みる。

ドクター・ドリトル

名医のジョン・ドリトルは、最愛の妻リリーを失った悲しみから一切の人間との交流を絶つ。ある日、そんな彼の元に一人の少女が訪ねてくる。それは女王が原因不明の病に倒れたため助けて欲しいというものだった。女王はドリトルが動物達と暮らす広大な土地の所有者であり、万が一女王が死去した場合、土地の所有者が変わり家から動物達ごと追い出されかねない。仕方なくドリトルは、まずは病状を確かめるべく女王の元へ赴く。

デッド・ドント・ダイ

アメリカの片田舎、ある日突然とその町にはゾンビが出現する。墓地から現れ人を襲うゾンビは、何故か生前執着していたものを連呼していた。ダイナーで起こった不審死事件を機に、警察官であるクリフとロニーは得体の知れない相手に警戒感を強めていくが。

ANNA/アナ

モスクワでマトリョーシカを売っていたアナは、その生まれ持った美貌を見込まれモデルとなる。半年でトップまで上り詰めたアナだったが、彼女の本業は別のところにあった。

黒い司法 0%からの奇跡

ハーバード大学を卒業し晴れて弁護士となったブライアンは、アラバマ州の黒人に対する人種差別を目の当たりにし、彼らのために支援活動を行うことを決意する。
様々な受刑者と対面で話を聞き、使命感を強める日々。そんなある日、殺人容疑で逮捕されたウォルターという男のことを知る。ウォルターの犯行を証明するのはまともな会話もできない受刑者のラルフの証言のみ。むしろ犯行を否定する証言や証拠の方が多いのだが、何故か裁判ではウォルターに対して死刑判決が下ってしまう。

CURED キュアード

感染者を凶暴なゾンビのようにしてしまうメイズウィルス。数年後、治療法は確立され完治した元患者達は回復者と呼ばれ社会へ復帰していく。しかし世間は回復者達に対して差別的な目を向けていた。
回復者の一人であるセナンは、義姉のアビーの元へ身を寄せる。世間の差別にも構わず優しく接するアビーだったが、セナンとは治療所に居た頃からの知り合いであるコナーが接近してくる。コナーは回復者差別に対して回復者だけの活動組織を結成し、そこにセナンを勧誘する。その執拗さに一度は活動に参加するセナンだったが、彼の組織は無関係な人間の死をも厭わない過激な活動をしていた。

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒

ジョーカーと破局したハーレイ・クインは、今まで彼女に恨みを持っていたがジョーカーが怖くて手出し出来なかった連中に一斉に命を狙われる。のらりくらりとかわすものの、結局物量には敵わずマフィアに投降する。
同じ頃、ゴッサムの裏社会を牛耳るブラックマスクは、とあるダイヤを失いそれを探していた。ダイヤにはかつて皆殺しの憂き目にあったマフィア一族の隠し財産の情報が隠されているためだった。そしてダイヤを持つのは幼いスリの常習犯である少女。警察も巻き込んだダイヤ争奪戦が始まり、状況は一層混沌として来る。

9人の翻訳家 囚われたベストセラー

ベストセラー小説のデダリュス、その最終巻の出版が来春と決まった。世界同時に9ヶ国語に翻訳して出版するため、出版社は9人の翻訳家を集める。彼らは豪邸の地下に監禁され、常に監視されながらの翻訳作業を強いられた。流出を恐れての事だったが、何故か冒頭10ページがネットに流出し、これ以上流出させたくなければ期日までに500万ユーロを振り込めと脅迫文が届く。ランベールは9人の誰かが犯人と確信していたが、肝心の手段が検討もつかなかった。そしてランベールは強硬な手段へ出る。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 Next