Lazy Bear

Categories

Archive

Site search

Feeds

Meta

今年も御歳暮

もう12月に入りそうなので、早めに御歳暮の注文をしました。それと実家用にも幾つか。大体使う金額が毎年同じくらいになるのが不思議です。感覚でこれくらいって予算があるからかな。消費税の分は増えてるけど、キャッシュレス還元とかも合わさって誤差感覚かも知れません。
今年は有給無しで年末年始になりそうです。まあそれでも十分な日数だし。GWみたいな長期は流石にダレ過ぎて逆にきつくなったから丁度良いのかもね。

もう来たのか!

昼頃、突然郵便局から書留が来ました。何かあったかなあと思ったら、先日当選したセゾンのお月玉でした。本当に現金一万円がピン札で入ってました。意外とすぐ来たなあと驚き。それと、一回当たっても次回も当たる可能性はあるというね。ホントかどうか分からないけども、もう一回当たったらもっと嬉しいかもしれないなあ。

無いじゃん!

寒くなって来ました。今日は鍋を食べたんだけど、後で残っただし汁でうどんを煮込んで食べようと思ったらあると思ってた冷凍うどんが無いでやんの。仕方ないのでコンビニへ行ったけど、帰ってくる頃にはもううどんという気分になってないし。仕方ないのでうどんは明日の朝にするかなあ。
いくら寒くても、食べる時ってのはタイミングだと思うんだホント。食べたい時にあること。これがいかに大事ということか。

眠れ眠れ

寒さのせいか、朝方に三日連続でトイレに起きました。寝る前の水分も随分控えるようにしてたんだけど。寒くなるとどうしてもこうなってしまう。かと言ってあんまり控え過ぎると今度は石が怖いしなあ。難しいところ。
室内も乾燥してきたし、すっかり先送りにして忘れてた加湿器も何とかしないと。冬支度は冬支度で色々と面倒だなあ。

本命のハズレのハズレ

たまには昼食の新規開拓をしようと思い、いつもより少し離れた所の店に行ってみました。しかし予定していた店が満席で待ちそうだったので、諦めて適当な別の店に。まあ唐揚げ定食ならよっぽどの事が無い限り大丈夫だろうと思ってたんだけれど。出て来た唐揚げがまあパッサパサでとにかくマズい。マヨネーズで味変えて何とかって程度。揚げたてのアツアツでこれかよと。そしてそんな唐揚げが十個も盛られている狂気。いやーマジで地獄でしたよ。もう二度と来ねえ。
本命が外れたからと来てみたけど、大体そういう時って大失敗するなあ。昼食に限らず。

君に何があったのか

今朝の通勤途中のこと。会社近くの歩道をあるいていたら、顔から血を流している人とすれ違いました。あー今朝は寒いからコートも着てるしあかぎれでもしたかな? っていうレベルの出血じゃありません。額がほぼ真っ赤。事故にしては服装は綺麗なままだし、喧嘩か何かにしても足取りが興奮して急いでるようなものでもないし。あまりに普通にし過ぎていて逆に不気味です。
ホント、一体何があったんだろうね……。でも一番怖いのは誰も彼も一切彼をスルーしてる人達だと思います。

集中させてよー

あれこれ細かい仕事が入ってきて、なかなかメインの案件に集中出来ません。急いでないけど急げるなら急いでみたいな案件で、まあとにかくやるしかない。ないんだけど、しょうもない割に急ぎの別件とかね。他に振りたいけどなかなかそうもいかない現状です。ホント、いつもどこも人不足だなあ。好んでやりたがる業界でもないけどさ。

電源タップが欲しい

新しい電源タップを買おうかなあと考え始めています。買えばいいじゃんと言うけど、割と色んな種類があって結構選択肢が多かったりします。スイッチとUSBの充電口(各5A以上)があればいいんだけど、ちょっとデザインも気にします。気に入ったデザインがあるとスペックが駄目だったり、その逆だったり。なかなか見つけられないでいます。こういうのは本当に出会いモノみたいな感じだなー。

サクッとやりましょ

会社に提出する下期の評価の書類入力をやりました。昼頃に起きて、部屋の中の掃除をして頭を起こしてから取り組みました。大体一時間くらいです。特にここ最近は妙に忙しい事が多かったので、まあそれなりに書くこともあって時間がかかりました。
さて、これがちゃんと評価に繋がって賞与が上がったりしないかな? 上がるかな? 据え置きかな? まーそこらへんは難しいところ。元々そんな期待もしていないんだけどさ。

ブライトバーン/恐怖の拡散者

長年子供に恵まれず悩んでいたブレイヤー夫妻の元に、ある晩謎の物体が墜落、そこには一人の赤ん坊が乗っていた。二人はこの赤ん坊にブランドンと名付け、我が子として育てる。
ブランドンは怪我一つせず順調に成長していったが、十二歳の誕生日を迎えた頃、突然と奇妙な言動を取り始める。ブランドンは鶏を殺し、同級生の手を砕くまでになった。明らかに異常だと恐れる夫カイルだったが、妻トーリはあくまでブランドンの人間性を信じ続ける。

Read more »

Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Next