Lazy Bear

Categories

Archive

Site search

Feeds

Meta

スマホ切り替え

新しいスマホが届いたので、切り替え作業中です。機種はXperiaXZ2。
無線充電ですが、これは本当に楽でした。充電ドックに置くだけです。充電速度とかその辺はまだ測っていないけれど、どうせ寝る時に置くだけだしそんな速くなくてもいいか。TypeCケーブルは別途用意しているので、急速充電が必要な時はそっちでいいし。
意外と開通作業に手間取らされて、まだ設定は全部終わっていません。Chromeの同期反映もなんか怪しかったし、まだまだやることは多い。とりあえず明日中になんとかかたをつけないとな。

イコライザー2

元CIAのマッコールは、今は引退しタクシードライバーの仕事をしていた。しかしかつて法で裁けない悪党を暗殺していた感覚が消えず、自分が理不尽だと思う悪に対しては人知れず制裁を課していた。
ある日、現役時代の上司で親友のスーザンが何者かに殺害されたと知らされる。その真相を追うマッコールだったが、そこにはかつての自分と同じ暗殺を仕事としている存在が浮かび上がった。

Read more »

まずは一つ

先週から始まったローソンのリラックマフェア、早速蓋付きお椀を一つ登録しました。2週間で1つのペースになるのかな。これだと終わるまでに10個とか行きそうな予感。まあポイント全ツッパする訳でもないんだけど。でもブランケットはそんなに魅力がなあ。ま、その辺のことは貯まってから考えるか。

肥大化の原因

なんか財布が膨れてるなあと思って整理してみたら、体積の原因は映画の半券でした。大体映画見たときにそのまま財布に入れるから貯まりっぱなしになって、たまには家の保存料箱に移すんだけど、そういや今年はまだしてなかったか。
薄っぺらな半券でも枚数が溜まればそこそこな厚みになるんだなあ。このくらい札も溜まればなどと思ってみたりしました。

見計らったかのように

週末にスマホ機種変するぞ、となっているんだけど。何だか急に今のスマホの調子が悪くなりました。一部の常駐アプリが暴走してバッテリーを食いまくったり、まともにリマインダーが動かなくなったり。まあ機種変するなら解決しなくてもいいか、とその場しのぎで終わらせています。でもこれ、機種変しなかったらかなりうんざりするなあ。それがきっかけで、それはそれで機種変する動機にはなるだろうけれど。

風が強く

昨夜は台風の通過のためやたらうるさくて何度も目が覚めました。朝になって雨はあがっていたけれど、風だけは強いままでした。外はゴミやら何やら散乱していて、相当に強かったんだなあと感じました。
しかし下がっていた気温がまた上がり始めたのが何とも。これが単に台風の影響ならいいんだけどね。東京みたいにいつまでもダラダラ残暑が続いては欲しくないなあ。

またおかしなことに

徹夜明けの今朝。一旦少し寝ようと思ったんだけれど、これが案外眠くなくてなかなか寝られませんでした。
なので、起きて掃除とか何やら家事をやってしまいました。午後になってもまだ平気で、昼食を食べてダラダラしていたんだけれど、夕方頃になって眠くなり、そこからしばらく寝ました。
睡眠のバランスが狂ってるかなあこれ。あまり寝すぎないようにはしたんだけれど。これで今夜眠れないとかないよな。ただでさえ台風で外がうるさそうだってのに。

2年も過ぎた頃だし

今のスマホが2年半くらいになります。確か変えたのが引っ越す直前くらいだったような。
なので今のXperiaを見てみたんだけど、発売予定の新機種がそんなに性能変わっていないようなので、現行の最新のXZ2にすることにしました。アクセサリーとかその辺りも揃ってるしね。
本体はドコモオンラインショップから送ってもらうとして、周辺機器などはAmazonで注文しました。ケースとシート、メディアカードに充電器。XZ2からTypecになったのでケーブルは変えないといけません。それとQiという無線充電に対応しているようなので試しにこれも購入です。
来週末は移行とセッティングになりそうだな。

散り椿

瓜生は藩の不正を暴こうとしたため、追放という処分を受ける。その後、最愛の妻の篠が重い病に侵され、余命幾許も無い状態となってしまう。病床の篠はある願い事をする。それは、瓜生の親友である榊原を助けて欲しいというものだった。榊原は藩の汚職を正そうと奮闘するあまり、諸悪の根元である家老と真っ向から敵対していた。そんな藩の情勢に、突如舞い戻った瓜生の存在は彼らに大きな波紋を呼んだ。

Read more »

クワイエット・プレイス

音に反応して襲ってくる正体不明の怪物達により、人類は滅亡寸前だった。
運良く難を逃れたその夫婦は、子供達と共に音を立てないというルールを守りながら生活し怪物達から逃げおおせていた。
しかし一つ大きな問題があった。それは、妻が妊娠をし出産も間近に迫っていたのである。

Read more »

Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Next